入門コース

空手道入門コースとして標準8回の体験的内容で、公益社団法人日本空手協会の公認指導員が空手道の初歩から丁寧に指導させて頂きます。原則年3回(4カ月ごと、春・秋・冬)の募集開催ですので時期をお問合せのうえご予約下さい。服装は任意で、運動のできる格好(裸足)でご参加下さい。参加費はお一人3,130円(2021年10月現在)ですが、別途スポーツ安全保険への加入が必須となります。
※感染症拡大予防としR4年度より入門コースは年3回でなく、少人数でも毎月の開催をしています。

2カ月8回のコースの修了時に、その後に継続するかどうかを確認させて頂き、晴れて空手着の袖に腕を通し白帯を締めて稽古に参加して頂くこととなります。この頃には初歩的な動作も十分に習得していると思います。

概ね3~4か月の稽古にて、日本空手協会に正式入会し、初めての昇級審査会に臨むこととなります。帯の色が黄色からオレンジ、緑、紫と変わる頃には、茶帯の友達や憧れの黒帯の先輩を見る眼がキラキラと輝きはじめます。 黒帯は「石の上にも、2~3年」とご承知おき下さい。やがては各種の大会で大活躍し、明るく楽しい時間を持てるようになり、家族の大きな夢がふくらみます。

幼児でも空間認識(前後左右、上下、進む戻る)が出来ていれば参加が可能です。男の子であれば4~5才、女の子であれば3~4才から入門された子は、成長につれて姿勢も美しくなり、本当に綺麗な形を打ち、礼儀正しく凛として振る舞えるようになります。

大宮支部 記事一覧

タイトルとURLをコピーしました