HOME

公益社団法人日本空手協会より支部番号001として埼玉県初の認可を受けた伝統のある空手道場です。稀代の空手家・庄司寛先生が昭和30年代初頭より旧大宮市周辺にて活動を始め、令和3年現在では4才から70代までの会員300名あまりが数か所の道場で稽古に勤しむ県内最大級の組織です。

第一回の東京オリンピック(昭和39年)開催当時、現在のさいたま新都心駅近く、未舗装砂利道だった旧中山道を、鉄下駄を履いて火花を散らしながら走る空手家の雄姿は、庄司先生に続いて、山本憲二先生、高橋一男先生の全国大会優勝という話題もあり、市内でも評判になっていました。

日本空手道の父・船越義珍(松濤)先生の直系たる庄司寛先生の空手の道を脈々と受け継ぐ、日本空手協会の本流の支部道場です。稽古においては明るく楽しく強く厳しくをモットーに初心者から熟練者までが分け隔てなく汗を流しています。通常の鍛錬稽古のほか、試合においては世界大会、全国大会、関東大会、埼玉県大会の優勝、入賞者を数多く輩出するなどしています。

近年では、「一子相伝」「少数精鋭」とされた空手道の稽古に、新たに入門8回コースとして多くの市民に体験的参加をして頂くなど、空手道の普及方法に一石を投じています。
日本の伝統を兄弟・姉妹・母子・父子そして家族全員で学び、生涯武道として参加する会員も非常に多くなっています。

<稽古場所の変更>
活動拠点のひとつである大宮武道館が建物改修工事のため令和4年3月から1年程度(予定)利用ができません。このため、武道館稽古(木曜夕方、土曜朝)は会場が七里コミュニティセンター等に変更となります。

公益社団法人 日本空手協会
日本空手協会 埼玉県本部

タイトルとURLをコピーしました